健康診断・血液検査MAP - C型慢性肝炎・肝硬変は経口薬のみで治療する

新たな経口剤ダクラタスビル/アスナプレビル/バルクラブビル、エルバスビル/グラゾプレビルの2つの薬剤が承認されれば、ハーボニー、ヴィキラックスに加えて、ほとんどの患者が経口剤のみで治る時代になります。

スポンサードリンク

C型慢性肝炎・肝硬変は経口薬のみで治療する

第一期:ダグラタスビル、アスナプレビル
2014年9月に、世界に先駆けてインターフェロン、リバビリンなしの薬剤、NS5A複製複合体阻害薬ダグラタスビルとNS3/4Aプロテアーゼ阻害薬アスナプレビルがわが国でのみ承認されました。経口剤による治療を開始するにあたって、耐性変異の有無を確認します。日本人の耐性変異検出率は、NS5A領域で11.2%(特にY93の人が多く8.2%)、NS3プロテアーゼ領域で4.9%となっています。また日本人の約15%はこの2つの薬剤に対して耐性を持っていることが明らかになっています。虎の門病院の症例では、850例に治療を行い、薬剤耐性がない人は約92%が治癒し、薬剤耐性がある人は約54%にとどまったとの報告がありまが、全体で約85%の人が治癒しているのは画期的なことです。わが国では1年間にこの薬剤が5万例に使用され、4万例近くが治癒したと推定されます。

C型慢性肝炎・肝硬変は経口薬のみで治療する の続きを読む

プロアドレノメデュリンproADM

アドレノメデュリン(ADM)は、1993年にわが国においてヒト褐色細胞腫組織中から単離・同定されたアミノ酸52個からなる生理活性ペプチドです。一酸化窒素やエンドセリンの産生亢進を介した強力な血管拡張作用を有し、その血中濃度は心不全患者の重症度に応じて増加することが知られています。ADM遺伝子は心血管系にとどまらず、神経系、泌尿生殖系、消化器系、呼吸器系など全身の組織で広範に発現しています。各臓器において、抗炎症作用・抗酸化作用を示すなど、免疫調整や代謝関連作用も含めた多彩な生理機能を発揮しています。

プロアドレノメデュリンproADM の続きを読む

TREM-1 感染症診断用バイオマーカーとしての有用性

細菌や真菌感染症では、食細胞膜のTREM-1の細胞外ドメインが切断を受けて血清。胸水、肺細胞洗浄液、尿、および脳脊髄液中に増加してくるため、sTREM-1を酵素免疫測定法
(enzyme linked immunosorbent assay:ELISA)で同定することが可能です。すでに数社からキット化され市販されています。
敗血症における血清中のsTREM-1の動態に関してはCRPおよびプロカルシトニン(PCT)の動態と比較した報告があります。敗血症患者血漿中における急性期のsTREM-1、CRP、PCTの定量値は全身性炎症反応症候群(SIRS)患者のこれらの値より高値を示しました。sTREM-1のSIRS患者血漿中の濃度平均が59.97pg/mLに対して敗血症患者では149.06pg/mLを示しました。しかし好中球減少症をはじめとした免疫細胞の減少を伴う疾患では、感染急性期の血清中sTREM-1濃度が有意に上昇しない可能性もあり注意を要します。

TREM-1 感染症診断用バイオマーカーとしての有用性 の続きを読む

スポンサードリンク

健康診断・血液検査MAPの新着記事
インフルエンザワクチン注意点 脳血管障害・糖尿病・周術期
糖尿病がインフルエンザワクチンの効果に及ぼす影響については十分なレビューはないようですが、ワクチン効果がやや落ちるものの有効であるとする報告もあります。
インフルエンザワクチン注意点 肝・自己免疫疾患・HIV
肝疾患の患者に対するインフルエンザワクチンの効果については、十分な研究がなされていませんが、肝硬変の患者に同ワクチンを接種した群では、インフルエンザ様症状の出現率やウイルス検出率が有意に減少したとする報告があります。
インフルエンザワクチン注意点 呼吸器・心血管疾患・腎障害
喘息の患者へのインフルエンザワクチン接種後にピークフローの低下を認めた報告があります。
基礎疾患がある人へのインフルエンザワクチン接種時の注意点
基礎疾患を有する患者へのワクチン接種においては、基礎疾患自体による症状や、併用する治療薬の影響と、ワクチンの副反応との鑑別に苦慮する例が多くなるのでワクチン接種後の注意深い観察が求められます。
ピロリ陰性の胃疾患に関与 ヘリコバクターハイルマニイ
ピロリ菌陰性であっても胃疾患を発症する患者がいます。これらの胃疾患に関係しているとみられているのが、ピロリ菌ではないヘリコバクターハイルマニイ(Helicobacter heilmannii)です。
ペリオスチン 気管支喘息・特発性肺線維症のマーカー
ペリオスチンは、マトリセルラー蛋白質と呼ばれる細胞外マトリックス蛋白質の一種であり、IL-4/IL-13やTGF-βなどのサイトカイン刺激で発現が誘導され、TH2または線維化を示すバイオマーカーです。
デング熱 蚊で媒介されるデングウイルス感染症
デング熱は、ネッタイシマカなどの蚊によって媒介されるデングウイルスの感染症です。4種の血清型が存在し比較的軽症のデング熱と、重症型のデング出血熱とがあります。
新規保険収載 デングウイルスNS1抗原定性
NS1抗原を標的にした検査法は、ウイルス遺伝子が消失したあとも検出が可能であることから、デングウイルス感染の診断補助に有用であるといわれています。
DIC播種性血管内凝固の新診断基準 日本血栓止血学会2014
日本血栓止血学会は、厚生労働省DIC診断基準を修正したDIC診断基準暫定案を発表しました。アルゴリズムで、DICを「造血障害型」「感染症型」ならびに「基本型」の3つの病型に分けています。
新規糖尿病治療薬SGLT2阻害薬の効果と副作用
新規糖尿病治療薬sodium glucose co-transpoter2(SGLT2)阻害薬はインスリン作用を介さずに腎尿細管を標的とした薬剤です。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint